2019.11.13 05:02

食野、久保&堂安に真っ向勝負挑む 東京五輪を見据えて…17日コロンビア戦

食野、久保&堂安に真っ向勝負挑む 東京五輪を見据えて…17日コロンビア戦

特集:
食野亮太郎
東京五輪
コロンビア戦に向け調整する食野(左)と板倉=広島市

コロンビア戦に向け調整する食野(左)と板倉=広島市【拡大】

 サッカー・U-22日本代表合宿(12日、広島市内)キリンチャレンジ杯のU-22コロンビア戦(17日、エディオンスタジアム広島)に向けた合宿2日目。MF食野亮太郎(21)=ハーツ=は、この日広島入りしたMF久保建英(18)=マジョルカ、MF堂安律(21)=PSVアイントホーフェン=らとのメンバー争いを歓迎。2020年東京五輪出場へ、真っ向勝負を挑む。

 MF久保、MF堂安へのライバル意識を隠そうとしなかった。この日から練習に合流したMF食野が、切れのある動きでアピールした。

 「堂安に追いついたとは思っていないけど、同じ舞台で戦える楽しみはある。刺激を受けて成長したい」

 堂安はG大阪でともにプレーした同い年。日本代表に定着したライバルの背中を見ながらプレーし、今夏スコットランド・プレミアリーグのハーツに移籍した。上昇気流に乗る21歳は、来夏の東京五輪出場を虎視眈々(たんたん)と狙う。10月のブラジル遠征で初めて同世代の代表に選出された。ブラジル戦の勝利に貢献し、「東京五輪のことは考えていなかったけど、トップ下でプレーして自信になった」と胸を張った。

 スペインリーグで初ゴールを決めた久保をはじめ、堂安、三好、菅原らと生き残りをかけた競争を控える。「(久保は)左利き、僕は右。そこは、あまり気にしない。周りは気にせず、次も呼ばれるように頑張りたい」。代表選出は2度目と少ないが、久保、堂安の“大物食い”を狙う。 (宇賀神隆)

★この日の練習

 海外組で合流していないMF久保、MF堂安ら6人を除く16人が集合。ランニングやボール回し、6対6のミニゲーム、攻撃の組み立て確認などで約1時間半、汗を流した。久保、堂安は広島入りし、13日から全体練習に合流する予定。

試合日程へ代表メンバーへ