2019.11.12 05:03(1/2ページ)

長友、アジアの壁に並ぶ!国際Aマッチ122試合目は白星で

長友、アジアの壁に並ぶ!国際Aマッチ122試合目は白星で

特集:
長友佑都
キルギス戦に向けて調整する長友。33歳の鉄人がいよいよ『アジアの壁』に並ぶ(撮影・蔵賢斗)

キルギス戦に向けて調整する長友。33歳の鉄人がいよいよ『アジアの壁』に並ぶ(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカー日本代表合宿(11日、キルギス・ビシケク)キルギスとのW杯カタール大会アジア2次予選F組第4戦(14日)に備え、敵地で調整を開始した。DF長友佑都(33)=ガラタサライ=は出場すれば国際Aマッチ出場数で、井原正巳氏(52)=現J2柏ヘッドコーチ=に並んで歴代2位の122試合に達する。3連勝で首位の日本と2位キルギスがぶつかる首位攻防戦。不動の左サイドバックが勝利を引き寄せる。

 日が差し込んでも気温5度以下の寒さ。初めて訪れた中央アジアのビシケクの地で、DF長友がはにかんだ。

 「122試合ですか。『アジアの壁』と並べて、こんなに光栄なことはないですよね」

 A代表初出場は2008年5月のキリン杯・コートジボワール戦。それから11年間、無尽蔵のスタミナと走力を武器に左サイドを制圧した。14日のキルギス戦に出場すれば国際Aマッチ出場数で、1998年W杯フランス大会で主将を務めた井原氏に並んで歴代2位に到達する。

【続きを読む】

  • 歴代2位となる国際Aマッチ122試合に出場した井原氏
  • 地元クラブチームのFCドルドイから歓迎を受ける長友(左)。民族衣装の女性から、揚げパンのお菓子をご馳走になった(撮影・蔵賢斗)
  • 練習にのぞむ長友佑都(中央)ら日本イレブン=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)
  • キルギス入りし、現地日本人の子どもたちと記念撮影に応じるサッカー日本代表=ビシケク(共同)
  • W杯アジア2次予選のキルギス戦に向けた練習で、選手に話をする森保監督=ビシケク(共同)
  • 練習にのぞむ日本イレブン=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)
  • 練習にのぞむ長友(右から2人目)ら日本イレブン=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)
  • 地元サッカーチームのFCドルドイから歓迎を受ける川島(左)、長友(中央)ら=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)
  • 地元サッカーチームのFCドルドイから歓迎を受ける森保監督(右)=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)
  • 地元サッカーチームのFCドルドイから歓迎を受ける森保監督(右)=ビシュケク(撮影・蔵賢斗)