2019.11.7 11:30

【J試合情報】サガン鳥栖vs松本山雅FC 第31節

【J試合情報】

サガン鳥栖vs松本山雅FC 第31節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・鳥栖は直近5試合でわずか1勝(2分2敗)。それ以前の4試合では3勝を挙げていた(1敗)。また、現在は12試合連続失点中(1試合平均2.1失点)。

 ・鳥栖は昇格クラブとの直近11試合でわずか2勝(3分6敗)。しかし、ホームでの同対戦直近7試合では2敗しかしていない(4勝1分)。

 ・松本は現在、クラブ史上ベストとなる4試合連続無敗(1勝3分)。また、直近8試合でもわずか1敗しか喫していない(2勝5分)。

 ・松本はアウェイ戦で現在、クラブ史上ベストとなる4試合連続得点中(1試合平均1.3得点)。また、この間で2勝を挙げている(1分1敗)。今季、それ以前に敵地で挙げた勝利数と等しい(11試合:2勝4分5敗)。

 ・鳥栖はクロス数が今季リーグ最多(617本)。対する松本は、クロス数が今季リーグ最少(413本)。同成功率は松本が鳥栖を上回っている(23.5%:鳥栖22.9%)。

 ・松本はタックル数が今季リーグ最多(502回)。対する鳥栖は、タックル数が今季リーグで3番目に少ない(376回)。また、鳥栖はタックル成功率がリーグ2位タイ(66.8%)。

 ・鳥栖が挙げた直近12得点のうち、11点は試合時間後半に記録されている。対する松本も、直近12得点のうち9点を同時間帯に決めている。

 ・水本裕貴は今季、ドリブルで相手に1度も抜かれていないフィールドプレイヤーの中で、出場時間がリーグ最長(810分)。対する鳥栖のクエンカは、ドリブル成功数が今季リーグで3番目に多い(56/94回:成功率59.6%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta