2019.11.7 11:30

【J試合情報】ベガルタ仙台vs清水エスパルス 第31節

【J試合情報】

ベガルタ仙台vs清水エスパルス 第31節

特集:
Jリーグ試合情報
GO!ベガルタ仙台

 ・仙台は清水戦直近8試合でわずか1敗(5勝2分)。しかし、この1敗は今季前回対戦で喫したものであり、今節でも敗れると同カードでは2013年以来のシーズンダブルを受ける。

 ・仙台はホームでの清水戦で現在4試合連続無敗(3勝1分、2014~2018年)。本拠地での今カードでは、これ以前に4試合連続未勝利だった(1分3敗、2010~2013年)。

 ・仙台は直近9試合でわずか2勝(3分4敗)。また、ホーム戦では現在4試合連続未勝利(3分1敗)。本拠地ではそれ以前の8試合で7勝を挙げていた(1敗)。

 ・清水は現在、2019年4月~5月以来、今季2度目の3連敗中。今節でも敗れると、降格した2015年シーズン以来の4連敗となる(当時5連敗、2015年9月~10月)。

 ・清水はアウェイ戦直近4試合で2勝を挙げている(1分1敗)。敵地でのそれ以前の13試合で挙げた勝利数と等しい(2勝6分5敗)。

 ・清水は今季、クロスからの失点数がリーグワースト(12)。対する仙台は、クロスからの得点数が今季リーグで2番目に多い(10)。

 ・永戸勝也は仙台が挙げた直近5得点のうち、3点をアシストしている(いずれもコーナーキックから)。同選手は今季、ラストパス本数(68)とセットプレーからのラストパス本数(48)がリーグ最多。

 ・ドウグラスは清水が挙げた直近5得点のうち、4点に直接関与している(3得点1アシスト、残る1点はオウンゴールによるもの)。同選手は今季、直接得点関与数がリーグで4番目に多い(16点:13得点3アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta