2019.11.7 11:30

【J試合情報】セレッソ大阪vs湘南ベルマーレ 第31節

【J試合情報】

セレッソ大阪vs湘南ベルマーレ 第31節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・C大阪対湘南の通算19試合では、C大阪が10勝1分8敗と勝ち越している。C大阪にとって湘南は、現在J1に在籍しているクラブの中で、1試合平均得点が最も多い相手(2.2点)。

 ・C大阪は湘南戦で現在8試合連続無敗(7勝1分)。現在進行中の同一カードでの連続無敗記録としては、横浜FM戦(12試合)に次いで、2番目の長さを記録している相手(磐田戦と並び)。

 ・C大阪は直近8試合でわずか1敗(6勝1分)。この間、1度も複数失点を喫していない(1試合平均0.8失点)。しかし、ホーム戦では現在5試合連続失点中であり、直近6試合でわずか2勝しか挙げていない(2分2敗)。

 ・湘南は現在、1999年9月~11月以降ではクラブワーストとなる5試合連続複数失点を喫しての5連敗中(当時6試合連続)。また、直近8試合で1度も勝利を挙げていない(2分6敗)。

 ・湘南がアウェイ戦で挙げた直近17得点のうち、15点は試合時間後半に記録されている。対するC大阪がホーム戦で喫した直近15失点のうち、12点は同時間帯に決められている。

 ・C大阪は今季、試合時間前半に先制点を挙げた試合数がリーグで2番目に多い(15試合)。対する湘南は、同時間帯に先制点を奪われた試合数がリーグで2番目に多い(13試合)。

 ・C大阪はクリア回数が今季リーグ最多(734回)。対する湘南は、クリア回数が今季リーグで2番目に多い(672回)。また、ヘディングによるクリアは、C大阪が最多(362)、湘南が2番目に多い(332)。

 ・山﨑凌吾は湘南のアウェイ戦直近4試合のうち、3試合で得点に直接関与している(2ゴール+1アシスト)。今季アウェイ戦での得点関与数はチームトップ(5点:2ゴール+3アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta