2019.11.7 11:30

【J試合情報】ジュビロ磐田vsFC東京 第31節

【J試合情報】

ジュビロ磐田vsFC東京 第31節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・磐田はFC東京戦直近10試合でわずか2勝(5分3敗)。また、今カードでは2008年以降の17試合でも4勝しか挙げていない(6分7敗)。

 ・磐田はホームでのFC東京戦で現在、4試合連続無失点であり、6試合連続無敗(4勝2分)。また、本拠地での今カードの通算16試合でもわずか2敗(11勝3分)。

 ・磐田は直近4試合で2勝を挙げている(1分1敗)。それ以前の16試合で挙げた勝利数と等しい(2勝3分11敗)。また、現在は2018年5月以来となる2試合連続複数得点を記録。

 ・磐田はホーム戦で現在、同一シーズン内ではクラブ史上ワーストタイの9試合連続未勝利(3分6敗)。また、本拠地では同ワーストタイとなる7試合連続複数失点を記録している(1試合平均2.4失点)。

 ・FC東京は現在、2019年8月以来となる2試合連続複数得点を挙げての連勝中。これ以前の6試合ではわずか1勝しか挙げていなかった(2分3敗)。

 ・FC東京が挙げた直近9得点のうち、7点は試合時間前半に記録されている。同チームは今季、同時間帯に先制点を挙げた8試合で7勝を挙げて無敗(1分)。

 ・長谷川健太は監督として、磐田戦直近5試合でわずか1勝(1分3敗)。この間、わずか1得点しか挙げていない。

 ・ルキアンは前節清水戦で、両チーム最多となる4本のラストパスを記録。同選手はJ1デビュー以降の期間で(2019年8月3日~)、シュートへの直接関与数がチーム最多(32本:シュート19本+ラストパス13本)。同期間の両項目で二桁を記録しているのは、チームで同選手だけ。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta