2019.11.7 11:30

【J試合情報】鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 第31節

【J試合情報】

鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 第31節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・鹿島対川崎の通算31試合では、鹿島が9勝7分15敗と大きく負け越している。鹿島にとって川崎は、1試合平均失点が最も多い相手(1.8失点)。

 ・鹿島は川崎戦で現在7試合連続未勝利(3分4敗)。この間、1度も複数得点を挙げていない(計4得点)。現在進行中の同一カードでの連続未勝利としては、ワーストを記録している相手。

 ・鹿島は現在9試合連続無敗であり、直近17試合でもわずか1敗(10勝6分)。また、この間の全17試合で得点を挙げている(1試合平均1.8得点)。

 ・鹿島はホーム戦で現在14試合連続無敗(11勝3分)。今節引き分け以上で、本拠地での同一シーズン内では、1996年3月~11月以来、クラブ史上最長タイの連続無敗を記録する。

 ・川崎はアウェイ戦で現在、3試合連続で複数得点を挙げて無敗(2勝1分)。敵地での同一シーズン内では、2018年4月~7月以来のこと(当時4試合連続)。

 ・川崎は今季、ペナルティエリア外からの得点がリーグ最多(10点)。対する鹿島は、同得点がリーグで2番目に多い(8点)。

 ・三竿健斗は前節浦和戦で6回のタックルを記録。今季鹿島の選手で1試合に5回以上のタックルを記録したことは5度あり、そのうち4度が同選手によるもの(他:第11節神戸戦でのレオ・シルバ、8回)。

 ・家長昭博は直近の浦和戦で、両チーム最多のラストパス(3)、デュエル(16)、チーム最多のタックル(4)を記録した。J1の2015年シーズン以降、1試合で15回以上のデュエルと3回以上のタックルを記録し、3本以上のラストパスを記録するのは自身初めてのことだった。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta