2019.10.29 08:16

メッシとの初見を振り返るグアルディオラ監督「彼がいればすべてを勝ち取れる」

メッシとの初見を振り返るグアルディオラ監督「彼がいればすべてを勝ち取れる」

メッシとの初見を振り返るグアルディオラ監督「彼がいればすべてを勝ち取れる」

メッシとの初見を振り返るグアルディオラ監督「彼がいればすべてを勝ち取れる」【拡大】

 マンチェスターCのジョゼップ・グアルディオラ監督は、バルセロナ時代にリオネル・メッシを初めて見た印象について語った。

 現役引退後にBチームを経て、2008年にバルセロナのファーストチーム指揮官に就任したグアルディオラ監督。以降、メッシをはじめ、シャビ、アンドレス・イニエスタらを擁してリーガ・エスパニョーラ3連覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇を達成する。フットボール史に残る“史上最高のチーム”を作り上げた同指揮官は、初見からアルゼンチン代表FWに大きなポテンシャルを感じたようだ。『Catalunya Radio』で当時を回顧した。

 「チーム内のある人物から、チームにとんでもない選手がいると聞かされていた。彼らは彼のことをとても若く、でも多くのゴールを挙げるとても良い選手だと言っていた。私は彼のことをまったく知らなかったが、ある日、彼と彼の父親をナイキストアで見かけた。彼は小さくてシャイに見えたし、“聞かされた選手とは彼のことか?”と思ってしまった」

 「そして、スコットランドでプレシーズンを始め、我々は6-1、5-0で勝利した。この試合で彼は3ゴールずつを決めたんだ。この時、私は“彼がいれば我々はすべてを手に入れられる”と感じたよ」

 また、グアルディオラ監督は当時のバルセロナについても言及。「時間はあまりなかったが、チーム作りを楽しめた。チームは友人同士のグループで、難しい局面の乗り越え方も熟知していた。我々の関係性は、どんなタイトルにも代えがたいものだ。お互いに助け合い、刺激し合った」とカンプ・ノウでの4年間を振り返っている。(Goal.com)