2019.10.27 16:36

川村、国内リーグ戦で5得点/5人制サッカー

川村、国内リーグ戦で5得点/5人制サッカー

 5人制(ブラインド)サッカーの東日本リーグ第4節が27日、茨城・つくば市で行われ、今季誕生したばかりのパペレシアル品川が乃木坂ナイツを6-0で下し、初勝利をもぎ取った。

 日本代表で主将を務めるストライカー、川村怜(30)が本領を発揮。後半5分、ともに日の丸を背負う寺西一(29)がチーム初得点を挙げると火がついた。ここから川村の猛攻がスタート。後半7分に、右足を振り抜き1点目。その9分後にはハットトリックを達成した。仕上げは終了間際の2発。残り25秒と残り17秒。たった8秒の間に2度もネットを揺らした。

 5得点で試合を終えた川村は、「はじ(寺西)が先制点を決めてくれて勢いに乗ったと思う。僕ひとりだけじゃなくて、チームで点が取れたのはよかった」と満足していた。

 メダル獲得を狙う2020年東京パラリンピックに向けては、「パスやシュートの精度、ドリブルで突破する力、判断、守備、全てをあげていく」と力強く宣言した。飛躍した姿を来夏の東京で見せつける。