2019.10.26 12:44

N・ペペが新天地アーセナルでの苦難を告白「予想とは違った」

N・ペペが新天地アーセナルでの苦難を告白「予想とは違った」

N・ペペが新天地アーセナルでの苦難を告白「予想とは違った」

N・ペペが新天地アーセナルでの苦難を告白「予想とは違った」【拡大】

アーセナルのニコラ・ペペは、順風満帆とはいかない新天地での状況に心境を吐露した。

 今夏にリールからクラブ史上最高額となる7200万ポンド(約94億円)でアーセナルに加入したペペ。しかし、期待とは裏腹に初ゴールを挙げるまでに7試合を要するなどプレミアリーグでの適応に苦しむ。しかし、24日のヴィトーリア・ギマランエス戦では終盤に2本のFKを決めて逆転勝利に貢献した。

 アーセナルで十分な活躍が残せない状況から徐々に好転しつつあるペペは「プレミアリーグはインテンシティを含め、リーグ・アンとまったく違う。難しい挑戦になることはもちろんわかっていた」と話し、移籍金や高い期待などがプレッシャーになっていたと認めた。

 「期待が大きかったから、早く適応しなくてはいけないと感じていた。残念だったけど、序盤は僕が考えていたようにはならなかった。でも、監督からの信頼もあったし、チームメイトはいつもサポートしてくれた。アフリカ・ネーションズカップもあったから十分なプレシーズンを過ごせず、フィジカル面でベストとは言えない。だから、今はさらに強いフィジカルを手に入れ、プレミアリーグに馴染めるように努力している」

 「もちろん、自信を高く保ち続けることは簡単ではないけど、監督が僕のことを信じてくれているんだ。しばらく決定的な仕事ができなかったけど、いつも監督からの信頼を感じていた。これは本当に大事なことだと思う」

 一方のウナイ・エメリ監督は、コートジボワール代表FWについて「我々みんながペペのことをうれしく思うし、さらなる活躍を期待している。ただ、我々は忍耐強く、騒ぎ立てることなく、彼を守り、彼を助ける必要がある」と静かに成長を見守りたいと話している。(Goal.com)