2019.10.18 12:00

大迫勇也、ヘルタ戦での復帰なしに?ブレーメン監督「リスクは冒さない」と慎重

大迫勇也、ヘルタ戦での復帰なしに?ブレーメン監督「リスクは冒さない」と慎重

特集:
大迫勇也
大迫勇也、ヘルタ戦での復帰なしに?ブレーメン監督「リスクは冒さない」と慎重

大迫勇也、ヘルタ戦での復帰なしに?ブレーメン監督「リスクは冒さない」と慎重【拡大】

 ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は19日に行われるブンデスリーガ第8節ヘルタとのホームマッチにはまだ復帰しないかもしれない。フロリアン・コーフェルト監督は試合に向けた記者会見で起用を見送る可能性を口にした。

 先月中旬の練習でハムストリングを損傷し、4~6週間の離脱の見通しが伝えられていた大迫。インターナショナルブレイクの間にはコーフェルト監督は4週間半後のヘルタ戦での復帰の可能性を示唆すると、ここ数日間はクラブのトレーニンググランドで個人練習に励む姿も見せていた。

 しかし、ヘルタ戦での起用は見送られることになるかもしれない。同監督は17日の記者会見では「ユウヤに関しては一時は大丈夫のように見えていたが、我々は大きすぎるリスクを冒さない姿勢を維持するつもりだ」と慎重な姿勢を強調。なおブレーメン専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』ではDFエメル・トプラクやニクラス・モイサンデルと同様、大迫も「もうしばらく欠くことになりそうだ」とも伝えられている。

 大迫は今シーズンはこれまで公式戦5試合に出場し4ゴール1アシストを記録。代表では9月のパラグアイとの国際親善試合(1ゴール)、カタール・ワールドカップアジア2次予選のミャンマー戦に先発出場したあとに臨んだクラブでの第4節ウニオン・ベルリン戦では負傷交代を強いられると、その数日後の練習でハムストリングの損傷を負っていた。(Goal.com)