2019.10.17 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 第29節

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 第29節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・横浜FM対湘南の通算27試合では、横浜FMが19勝2分6敗と大きく勝ち越している。横浜FMにとって湘南は、現在J1に所属しているチームの中で、札幌に次いで2番目に勝率の高い相手(札幌戦:80%、湘南戦:70.4%)。

 ・横浜FMは湘南戦で現在4試合連続無敗(3勝1分)。また、チーム名が横浜FMとなった1999年シーズン以降、今カード通算13試合ではわずか1敗しかしていない(10勝2分)。

 ・横浜FMは今季、ホーム戦14試合でわずか2敗(9勝3分)。この間、複数失点を喫したのはわずか2試合のみ(1試合平均0.8失点)。

 ・横浜FMがホーム戦で挙げた直近15得点のうち、13点は試合時間後半に記録されている。対する湘南がアウェイ戦で挙げた直近16得点のうち、14点は同時間帯に記録されている。

 ・湘南は現在6試合連続白星なし(2分4敗)。アウェイ戦直近8試合でもわずか2勝(1分5敗)。敵地では、それ以前の4試合で3勝を挙げていた(1敗)。

 ・横浜FMは得点数が今季リーグ最多(51得点)。対する湘南は、失点数が今季リーグワースト2位(54失点)。また、横浜FMはパス成功率が今季リーグベストの87.6%であるのに対し、湘南の同項目は73.5%とリーグワースト2位の記録。

 ・エリキは、パルメイラスから横浜FMにレンタル加入し、6試合に先発出場して、2得点2アシストを記録。また、同期間(8月17日~)ではシュート数(19本)、ラストパス数(16本)ともにチーム最多を記録している。

 ・杉岡大暉はオープンプレーからのクロス数が今季リーグ2位(111本)。また、同選手は1997年1月1日以降(東京五輪サッカー競技の参加資格)に生まれた選手の中では、横浜FMの遠藤渓太(27試合)に次いで今季リーグで2番目に出場試合数が多い(26試合)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta