2019.10.12 11:29

「モウリーニョの解任は早すぎた」フェライニがマンUの短絡的な手法を非難

「モウリーニョの解任は早すぎた」フェライニがマンUの短絡的な手法を非難

「モウリーニョの解任は早すぎた」フェライニがマンUの短絡的な手法を非難

「モウリーニョの解任は早すぎた」フェライニがマンUの短絡的な手法を非難【拡大】

 元マンチェスターUのマルアン・フェライニは、短絡的なやり方を続ける古巣を非難した。

 2013年にアレックス・ファーガソン政権が終焉して以降、低迷を続けるマンチェスター・U。直後に就任したデイヴィッド・モイーズ監督とともにエバートンから移籍したフェライニは、5年半にわたり、モイーズ監督、ルイ・ファン・ハール監督、ジョゼ・モウリーニョ監督、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下でプレーし、今冬に中国スーパーリーグの山東魯能へと旅立った。

 自身が移籍して以降、一時は調子は上向きだったものの、3月から不振を極め、今シーズンに至っては過去30年で最悪のスタートを切ったマンチェスター・Uに対して、フェライニはイギリス『デイリー・メール』で苦言を呈した。

 「彼らはモイーズを連れてきて、彼に時間を与えず、今度はファン・ハールを連れてきた。彼には2年間を与え、最後にカップ戦で優勝したけど、早急なトロフィー獲得を望んだから彼を解任して、今度はジョゼを連れてきた。哲学を多くの選手に浸透させる必要があったのに、ジョゼを解任するのは早すぎた。彼は、彼のチームを作ろうとしたけど、2年半が経って彼らは解任を決めた。結果が出なかったことが理由だった」

 「モウリーニョの最初のシーズン、本当に驚くべきことをして、複数のタイトルを獲得した。確かに2シーズン目はより難しいものになったけど、彼は全力でチームを助けようとしていたんだ。彼らはクビを切る前に一緒になって解決策を見出さなければいけなかった。ファン・ハールのように戦術面でとても秀逸で、経験がある監督でも、彼らは簡単にクビを切った。チームを作ることは簡単ではないから、2年以上は必要だと思う」

 さらに、ここまでの不振を受け、進退問題に発展する可能性があるスールシャール監督について「彼らがオーレに対してどのようなことをするか僕にはわからない」と話すにとどめたが、ファーガソン監督が退任して以降、簡単に指揮官を交代させ過ぎだと感じているようだ。(Goal.com)