2019.10.12 19:39

エリクセン獲得レースにバイエルンも参戦 独メディアは「T・ミュラーの代案として最適」

エリクセン獲得レースにバイエルンも参戦 独メディアは「T・ミュラーの代案として最適」

エリクセン獲得レースにバイエルンも参戦 独メディアは「T・ミュラーの代案として最適」

エリクセン獲得レースにバイエルンも参戦 独メディアは「T・ミュラーの代案として最適」【拡大】

 トットナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン争奪戦に新たなチームが加わったと報じられている。

 エリクセンは今季限りでトットナムとの契約が切れるが、本人が契約延長を拒否していると伝えられており、来夏の退団が確実となっている。契約満了を前に冬の移籍市場で売却されるのではないかとのうわさもあり、Rマドリード、マンチェスターUが獲得に関心を示していると報じられていた。

 だが、ここにきてドイツメディア『シュポルトワン』は「ブンデスリーガ王者がエリクセン獲得に向けて動きを見せている。トーマス・ミュラーが今季限りでミュンヘンを去ることになるのなら、バイエルンにとってデンマーク代表MFは適切な代案となるだろう」と伝えている。

 T・ミュラーはニコ・コバチ体制で出場機会が少ないことから不満を示し、移籍を示唆していた。バイエルンは同選手の退団を想定し、エリクセンの補強をプランに入れている模様だ。

 エリクセン所属のトットナムは今月1日、UEFAチャンピオンズリーグ第2節でホームにバイエルンを迎えたが、2-7という大差で敗れたばかり。

 去就が注目されるエリクセンは果たして新たな道にどのチームを選ぶのだろうか。Rマドリード行きがうわさされる一方で、ブンデスリーガに新天地を求めるというシナリオもあり得る状況となっているようだ。(Goal.com)