2019.10.11 20:51

アトレティコ・シメオネ監督が「最も傷ついた」退団とは…?「グリーズマンよりも痛かった」

アトレティコ・シメオネ監督が「最も傷ついた」退団とは…?「グリーズマンよりも痛かった」

アトレティコ・シメオネ監督が「最も傷ついた」退団とは…?「グリーズマンよりも痛かった」

アトレティコ・シメオネ監督が「最も傷ついた」退団とは…?「グリーズマンよりも痛かった」【拡大】

 Aマドリードのディエゴ・シメオネ監督は、今夏リュカ・エルナンデスが退団したことに心を痛めていたようだ。

 12歳の時に弟のテオ・エルナンデス(現ACミラン)と共にAマドリードの下部組織に入団したL・エルナンデス。18歳となった2014年にトップチームデビューを果たすと、メキメキと力をつけ、その2年後にはチャンピオンズリーグ決勝を経験。センターバックと左サイドバックをハイレベルでこなす彼はチームに欠かせぬ存在となり、2018年にはヨーロッパリーグ王者に輝いた。またフランス代表として、昨年ワールドカップも勝ち取っている。

 そんな24歳DFだが、今夏の移籍市場でBミュンヘンへと加入。ブンデスリーガ史上最高額となる8000万ユーロ(約99億円:当時)の移籍金で、ドイツ王者へと旅立っていた。

 このL・エルナンデスの退団は、シメオネ監督にとってもショックだったようだ。同じタイミングで5年間にわたってエースとして活躍したFWアントワーヌ・グリーズマンもバルセロナに移籍したが、スペイン『カデナ・セール』で下部組織出身選手の退団の方がよりダメージがあったと語っている。

 「最も傷ついた退団はリュカだ。彼はアカデミー出身だったんだ。グリーズマンよりも痛かったね」

 また、シメオネ監督はグリーズマンについて言及。「退団後に何度か話した」と明かしつつ、バルセロナでの成功を確信している。

 「彼は自分が望んだ場所にいる。謙虚な男で、おしゃべりではない。でも、穏やかで元気だった。間違いなくバルセロナでもうまいく。だが、今は(指揮官エルネスト)バルベルデにすべてが依存している。私ではない」(Goal.com)