2019.10.11 17:09

ユベントスで冷遇状態のジャン、代表戦ではフル出場も「いまだサッリと対話がない」

ユベントスで冷遇状態のジャン、代表戦ではフル出場も「いまだサッリと対話がない」

ユベントスで冷遇状態のジャン、代表戦ではフル出場も「いまだサッリと対話がない」

ユベントスで冷遇状態のジャン、代表戦ではフル出場も「いまだサッリと対話がない」【拡大】

 9日に行われた親善試合、ドイツvsアルゼンチンは2-2でフルタイムを迎えた。この試合でドイツ代表エムレ・ジャンはフル出場しているが、所属先のユベントスでは満足に出場機会が与えられていない状況となっている。

 アルゼンチン戦終了後、ジャンは『Goal』の取材に応じ、ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督との関係はいまだ冷え切ったままだと明かした。

 「いまだにサッリ監督との対話はない状況だよ。プレー環境がないので満足していない。だけど状況が変わることを信じてトレーニングし続けるしかないね」

 「コンディションは良いから、これが最も重要なことだと思う。とにかく常に万全な状況をキープして、いつプレーしても問題ないように示していかなくちゃね」

 ドイツ代表では代表指揮官ヨアヒム・レーブから信頼を寄せられ、アルゼンチン戦でフル出場。その一方で、所属先のユベントスではマリオ・マンジュキッチとともにUEFAチャンピオンズリーグの登録メンバー外となり、国内リーグ戦でもここまでわずか3試合に途中出場したのみ。今季の累計出場時間はわずか78分となっている。

 苦難の続くジャンだが、果たしてサッリ監督との信頼関係を構築することができるのだろうか。(Goal.com)