2019.10.11 12:50

リヨン会長がモウリーニョ氏の招聘失敗を認める…「別のクラブを選んでいた」

リヨン会長がモウリーニョ氏の招聘失敗を認める…「別のクラブを選んでいた」

リヨン会長がモウリーニョ氏の招聘失敗を認める…「別のクラブを選んでいた」

リヨン会長がモウリーニョ氏の招聘失敗を認める…「別のクラブを選んでいた」【拡大】

 現在無所属のジョゼ・モウリーニョ氏は、すでに次に指揮を執るクラブを決めているようだ。

 2018年12月にマンチェスターUの指揮官を解任されて以降、Rマドリードなどへの就任の噂が浮上するも、約10カ月にわたりフリーの状態が続くモウリーニョ氏。それでも、『スカイスポーツ』の解説者として働く傍らで、現場への復帰に向けて準備を進めていると先日に明かしていた。

 そんな中、7日に今夏に指揮官に就任したばかりのシウビーニョ監督を解任したリヨンのジャン=ミシェル・アウラス会長は、モウリーニョ氏を次期指揮官の候補に挙げていた様子。しかし、同会長はポルトガル人の名将の招聘に失敗したと認めた。

 「我々はテキストで簡単なやり取りをした。しかし、彼は会談するという我々からのオファーを受け入れなかった。なぜなら、彼はすでに別のクラブを選んでいるからだ」

 現在リーグ戦で2勝3分け4敗の14位と低迷する現状を立て直せる新指揮官を探している最中であると認めた同会長は、スポーティングディレクターのジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏に託していると話しつつ、次期指揮官候補について言及した。

 「(ローラン・ブラン氏について)彼が私の優先する監督であっても、君たちにはまだ言わないでおく。(パトリック)ヴィエラを気に入ってはいるが、彼は他のクラブとの契約下にあり、フリーではない。(レミ・ガルドは)可能性のある1人だ。まだ連絡していないが、これから話をすることになるだろう」(Goal.com)