2019.10.11 15:58

長友、代表戦10年ぶりゴール「ちょっと恥ずかしいです」

長友、代表戦10年ぶりゴール「ちょっと恥ずかしいです」

特集:
アジアカップ2019
長友佑都
前半、チーム3点目となるゴールを決める長友(中央)=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)

前半、チーム3点目となるゴールを決める長友(中央)=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 日本代表DF長友佑都(33)=ガラタサライ=が11日、自身のツイッターを更新。10日に行われたカタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦を振り返った。

 長友はこの試合が代表として120試合目。2009年10月のアジア杯予選・香港戦以来10年ぶりの代表4点目を決めた。

 長友は「歴代3位、代表120試合目の節目をまさか自分のゴールで祝えるとは」と感慨をつづり「10年ぶりのゴールです。ちょっと恥ずかしいです。。苦笑 お前は10年間何やってたんだと言われたら、走ってましたとしか答えられない。笑」と10年ぶりのゴールを振り返った。「これからは今まで以上にゴールを意識して、走りたいと思います。大きな夢と志を持って」とさらなる活躍を期した。

 この試合はランキング31位の日本が同183位モンゴルに6-0で大勝し、2連勝で勝ち点6とした。日本は15日に敵地でタジキスタンと対戦する。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ