2019.10.11 05:03(1/2ページ)

森保ジャパンの“フェラーリ”伊東が3アシスト!ラグビー松島、福岡ばりの快足で

森保ジャパンの“フェラーリ”伊東が3アシスト!ラグビー松島、福岡ばりの快足で

特集:
伊東純也
快足を飛ばして相手を振り切る伊東(左)。森保ジャパンの“フェラーリ”が躍動した (撮影・甘利慈)

快足を飛ばして相手を振り切る伊東(左)。森保ジャパンの“フェラーリ”が躍動した (撮影・甘利慈)【拡大】

 カタールW杯アジア2次予選F組(10日、日本6-0モンゴル、埼玉)俺の快足も忘れるな。MF伊東が前半だけで3アシスト。前半22分にDF酒井のスルーパスに反応すると、敵陣深くから右クロスでMF南野の先制弾をアシストした。

 「サイドを抜けてクロスを上げられた。1点取るまでが大変だった」

 同33分には南野とのワンツーでペナルティーエリアに進入し、DF長友の得点を演出。同40分にもFW永井の得点をおぜん立て。酒井には「前に行かせて」と要求し、常に高い位置取りで相手の裏を狙った。

 「ポルシェとトヨタの小型車ぐらい違う」とモンゴル代表のワイズ監督も舌を巻いた。永井、浅野の両FWとともに、日本屈指と評されるスピードを持つ伊東。ラグビー日本代表ではWTB松島幸太朗(26)、WTB福岡堅樹(27)の快足が「フェラーリ」と呼ばれたが、サッカーも負けてはいない。

 10代は全国的に無名選手だった。神奈川大に入学当初も、周りと息が合えば力を発揮したが、それは1試合に数回。サッカー部の大森酉三郎監督は「(大学時代は)まだまだ荒削り。でも、仲間と学んで、吸収する賢さや素直さがあった」と振り返る。

【続きを読む】

  • 神奈川大時代の伊東純也(神奈川大・大森酉三郎監督提供)
  • 前半、競り合う日本代表・伊東=埼玉スタジアム(撮影・甘利慈)