2019.9.29 14:47

1カ月ぶり復帰で好プレーのムバッペ、PSGへ改善求める

1カ月ぶり復帰で好プレーのムバッペ、PSGへ改善求める

1カ月ぶり復帰で好プレーのムバッペ、PSGへ改善求める

1カ月ぶり復帰で好プレーのムバッペ、PSGへ改善求める【拡大】

 約1カ月ぶりの実戦復帰を果たしたパリサンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペが、チームに改善を要求している。

 28日に行われたリーグ・アン第8節で、ボルドーと対戦したPSG。なかなかゴールを奪えない時間が続く中、60分にムバッペは途中出場。するとチームは活性化し、70分にはネイマールの決勝点をアシスト。1-0で勝利し、前節の敗戦を払拭している。

 8月26日の第3節トゥールーズ戦で負傷し、1カ月の離脱を強いられたムバッペだったが、この試合では決定機を迎えるなど好調なプレーを披露していた。試合後『Canal +』で、制限をかけながらのプレーだったと明かしつつ、チーム全体としてパフォーマンスを改善していかなければならないと語っている。

 「簡単ではなかった。僕らは最近の試合で、相手にそれほど脅威を与えられていないことを認めなければならない。対戦相手はもっともっと僕らを走らせるようになった。でも試合に勝てない時は、相手が恐れなくなるのは普通のことだよね。勝利を取り戻し、多くのゴールを奪う必要がある」

 「今日は良かったかって? 1、2点は決めなかればいけなかったね。僕がリズムを見つけて、ネイマールが点を取った。すべて順調だよ。今日は少しブレーキをかけながらプレーしたけど、それでもケガのことは忘れられる。今後数週間でもっと良くなるよ」

 なおトーマス・トゥヘル監督は、「ムバッペがすべてを変えたか? そうではない。彼には3つの決定機があったが、決められなかったね」と注文。それでも、「彼はスピード、クオリティ、個性があり、ゲームを支配して多くのチャンスを作った。アウェイでのベストゲームだ」と称賛した。そして試合を振り返り、「非常に満足しているが、1点しか取れなかったことには失望している」と、課題を述べている。

 今季はすでにリーグ戦で2敗を喫し、この試合も含めて勝利した直近3試合はすべて1点差と、やや苦しむ状況が続いているPSG。20歳FWと指揮官は、パフォーマンスの改善を求めている。(Goal.com)