2019.9.19 05:02

大迫、太もも重傷か…W杯アジア2次予選日本代表招集に影響も

大迫、太もも重傷か…W杯アジア2次予選日本代表招集に影響も

特集:
森保JAPAN
大迫勇也
大迫勇也 

大迫勇也 【拡大】

 ドイツ1部ブレーメンは18日(日本時間同日夜)、公式サイトで日本代表FW大迫勇也(29)が太ももに重傷を負ったと明らかにした。同日の非公開練習中に負傷したという。診断結果次第では長期離脱の可能性がある。

 日本代表では2022年W杯カタール大会アジア2次予選が来月10日にモンゴル戦、15日にタジキスタン戦と予定されている。代表招集に影響を及ぼす恐れも出てきた。

 今季は公式戦5試合全てに先発して4得点と好調。攻撃の中心を担っていたが、14日のウニオン・ベルリン戦で後半24分に途中交代。ドイツ紙「キッカー」は、ふくらはぎの筋肉のけいれんで次戦は出場可能としていた。今回の受傷箇所が同じかは不明。チームは、詳しい診断結果は19日に判明するとしている。

 今月10日には日本代表としてW杯アジア2次予選のミャンマー戦(ヤンゴン)にフル出場した。