2019.9.17 22:41

インテルミラノ指揮官コンテ、CL初戦へ意気込み「良いスタートを切ることが重要」

インテルミラノ指揮官コンテ、CL初戦へ意気込み「良いスタートを切ることが重要」

インテルミラノ指揮官コンテ、CL初戦へ意気込み「良いスタートを切ることが重要」

インテルミラノ指揮官コンテ、CL初戦へ意気込み「良いスタートを切ることが重要」【拡大】

 インテルミラノの指揮官アントニオ・コンテが16日、チャンピオンズリーグ(CL)の初戦スラヴィア・プラハ戦を前にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、コメントを残している。

 コンテ率いるインテルミラノは、セリエA開幕から3連勝を飾り、最高の形でCLのグループステージへ挑む。インテルミラノはバルセロナやドルトムントと同居するグループFで戦うことになるが、コンテはジュゼッペ・メアッツァでのスラヴィア・プラハとの一戦へ向けて警戒を高めた。

 「非常にフィジカルが強く、素晴らしいクオリティを持つチームに対し、高いインテンシティでプレーしなければならない。相手は勝者のメンタリティを持つクラブだが、我々はこれまで通りの取り組みを続け、継続性を示さなければならない。チームは入れ替わりがあり、かなり変わった。CLに初めて臨む選手たちも多いが、テストしてどのレベルまで到達しているのかを確かめたい」

 続いてインテルミラノ指揮官は記者会見の場でも意気込みを語りつつ、戦術重視の質問に苦言を呈した。

 「わずか3試合を終えたところで、我々のCLでの歩みが始まる。良いスタートを切ることは非常に重要だ。対戦相手は昨年、素晴らしいシーズンを送ったチームであり、注意深く、リスペクトを持って臨み、戦わなければならない。イタリアではシステムばかりにこだわるが、重要なのはインテンシティやプレッシャーだ。3人や4人、もしくは5人でプレーしようが関係ない。重要なのは準備や攻撃の仕方だと考える」

 最後に今シーズンの目標についても言及。「限界を設定するべきではない。時間とともに何を目標とできるのかを見極めていこう。チームには安定性と継続性を求める。それができてこそ、重要な何かを目指すことができる。ジェットコースターのようではダメだ」と述べ、具体的な目標設定の前に安定した成績を残せるよう目指すことを明かした。(Goal.com)