2019.9.16 07:40

横浜FC・中村俊輔、ボランチで移籍後初のフル出場「やりがいがある」

横浜FC・中村俊輔、ボランチで移籍後初のフル出場「やりがいがある」

横浜FC・中村俊輔、ボランチで移籍後初のフル出場「やりがいがある」

横浜FC・中村俊輔、ボランチで移籍後初のフル出場「やりがいがある」【拡大】

 横浜FCのMF中村俊輔が、15日の明治安田生命J2リーグ第32節・大宮アルディージャ戦でボランチとして移籍後フル出場を果たした。

 8月31日の第30節・モンテディオ山形戦ではトップ下として出場した中村だが、この試合ではボランチで攻守に奔走。「なるべくゲームを落ち着かせたり、スイッチしたり」と、求められた役割を全うした。

 ボランチでのプレーについては「覚えることが多くて、やりがいがある」と中村。「本当はボランチのなかでゲームを動かすとか、いろいろやるけど、ここはどっちかっていうと、レアンドロだったりサイドに速い選手がいるから、そういう選手を生かす」ことに注力しているという。

 実際に中村自身は「ボランチも、トップ下もだんだん慣れてきた」と手応えを感じている。「上位相手にシモさん(下平隆弘監督)も出してくれる」。だからこそ「練習で少しずつこの戦術、このチームに自分はしっかりプレーを分けてやってるというのを見せないといけない」と気を引き締めた。

 改善の余地があった部分は、すぐに修正する。「毎週毎週、ビデオで見て、修正して、週明けで最初にトライする。チームとしての反省点を少しずつ改善していく」。41歳になってもサッカーへ対する飽くなき探究心はいまも昔も変わらないようだ。(Goal.com)