2019.9.16 11:51

ブレーメンに朗報、大迫勇也は筋肉が痙攣…「自身の診断が正しかった」と独誌

ブレーメンに朗報、大迫勇也は筋肉が痙攣…「自身の診断が正しかった」と独誌

特集:
大迫勇也
ブレーメンに朗報、大迫勇也は筋肉が痙攣…「自身の診断が正しかった」と独誌

ブレーメンに朗報、大迫勇也は筋肉が痙攣…「自身の診断が正しかった」と独誌【拡大】

 ウニオン・ベルリン戦で途中交代を強いられたブレーメンの日本代表FW大迫勇也は、自身が話していたとおり筋肉が痙攣していただけだったようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。

 ブレーメンは14日、ブンデスリーガ第4節でウニオン・ベルリンに2-1での勝利を収め、今シーズン初の連勝を記録。しかし、大迫はこの試合の69分に途中交代を余儀なくされ、状態が懸念されていた。

 フロリアン・コーフェルト監督は試合後、「ユウヤ自身はただの筋肉の『痙攣』だと言っている。これがハムストリングを意味する日本語の単語でないことを願っているよ」とコメント。またフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)も「あまり悪くないといい。負傷となれば、我々にとって非常に苦いものとなってしまうからね」と話していた。

 だが、翌日には『キッカー』は、「オオサコ自身の診断が正しかった」と報道。検査の結果、ふくらはぎの筋肉が攣って筋肉へのダメージはなかったことが判明した。なお同誌によれば、20日に行われる次節ライプツィヒ戦には出場できる見通しだという。(Goal.com)