2019.9.15 18:36

ペップ監督、昇格組ノリッジに敗戦もDF陣を信頼「ラポルテとコンパニいないが心配はない」

ペップ監督、昇格組ノリッジに敗戦もDF陣を信頼「ラポルテとコンパニいないが心配はない」

ペップ監督、昇格組ノリッジに敗戦もDF陣を信頼「ラポルテとコンパニいないが心配はない」

ペップ監督、昇格組ノリッジに敗戦もDF陣を信頼「ラポルテとコンパニいないが心配はない」【拡大】

 マンチェスターCのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ノリッジに敗れるも、DF陣を信頼していると話した。

 14日に行われたプレミアリーグ第5節でマンチェスター・Cは敵地で昇格組のノリッジと対戦。ここまで3勝1分けと好調を続けるマンチェスター・Cだが、18分、28分と立て続けに失点する。それでも前半終了間際にセルヒオ・アグエロが得点を挙げて1点差に。しかし、50分に再びゴールを許すと、反撃も届かず、2-3で競り負け、今シーズン初黒星を喫した。

 試合後、グアルディオラ監督はイギリス『スカイスポーツ』で「我々はノリッジのクオリティを理解しているし、そのために多くの日時を掛けて準備してきた。失点はフットボールの一部だ。それに、終盤に我々は攻勢を強めることができた。しかし、今日はノリッジを祝福しなくてはならない」と潔く敗戦を認めた。

 今シーズン初の黒星に加え、初めて3失点を喫したマンチェスター・C。先日に膝を負傷し、半年程度の離脱を余儀なくされたアイメリク・ラポルテの抜けたディフェンス陣に不安の目が向けられる中、グアルディオラ監督は選手への信頼を強調した。

 「我々はチームとしてあるべき姿を理解している。私は選手たちを愛しているし、彼らと仕事できることは喜びであり、名誉だ。しかし、これはとてもレベルの高いチャレンジだ。毎試合に勝利し、毎シーズンで勝ち点100を記録するなんてできない」

 「ジョン(ストーンズ)とニコ(ニコラス・オタメンディ)は3年以上一緒にプレーし、彼らのおかげで勝利を重ねてきた。ラポルテが負傷し、(ヴァンサン)コンパニが退団したからといって、この1試合だけで評価なんてできない。我々にはこの2人以外にセンターバックはいない。しかし、フェルナンジーニョとロドリもこのポジションでプレーできるから心配などしていない」(Goal.com)