2019.9.14 12:43

マンジュキッチ、14日の試合で今季初のベンチ外…ユベントス退団が加速か

マンジュキッチ、14日の試合で今季初のベンチ外…ユベントス退団が加速か

マンジュキッチ、14日の試合で今季初のベンチ外…ユベントス退団が加速か

マンジュキッチ、14日の試合で今季初のベンチ外…ユベントス退団が加速か【拡大】

 ユベントスのマリオ・マンジュキッチが14日の試合のメンバーから外れ、このまま退団する可能性が浮上している。

 2015年にAマドリードからユベントスに加入したマンジュキッチ。これまでにチームの主力として全公式戦160試合以上に出場するなど、マッシミリアーノ・アッレグリ前監督の下では主力の1人として活躍する。

 しかし、今夏にアッレグリ前監督が退任し、マウリツィオ・サッリ監督が就任すると状況は一変。リーグ戦2試合で出番のないクロアチア代表FWは、エムレ・ジャンらとともにチャンピオンズリーグの登録メンバーから外れる。これを受け、同選手の去就に関する憶測が過熱し、カタールのアル・ガラファやアメリカのロサンゼルスFCが新天地の候補に浮上する。

 さまざまな噂が流れる中、14日に行われるフィオレンティナ戦を前に、マンジュキッチがメンバーから外れたことが発覚。開幕節と第2節ではベンチ入りしていた33歳の同選手が、このままユベントスを退団する可能性が一気に高まっている。

 サッリ監督は、マンジュキッチとCLメンバー外に怒り心頭のジャンについて「チャンピオンズリーグのリストを作ることは簡単ではなかったが、必要なことだった。2人の重要な選手が外れたことに申し訳なく感じている」と口にしていた。(Goal.com)