2019.9.14 18:26

「ジンクスがあれば破るもの」仙台が厚別初勝利で残留へ大きな一勝!札幌は上位進出へ足踏み

「ジンクスがあれば破るもの」仙台が厚別初勝利で残留へ大きな一勝!札幌は上位進出へ足踏み

「ジンクスがあれば破るもの」仙台が厚別初勝利で残留へ大きな一勝!札幌は上位進出へ足踏み

「ジンクスがあれば破るもの」仙台が厚別初勝利で残留へ大きな一勝!札幌は上位進出へ足踏み【拡大】

 明治安田生命J1リーグは14日に第26節が開催。北海道コンサドーレ札幌とベガルタ仙台が札幌厚別公園競技場で対戦した。

 リーグ戦4試合負けなしの札幌は、中断期間中のJリーグYBCルヴァンカップでも史上初の4強入りを達成。好調を維持している。先発には直近3試合で5発のジェイ、日本代表から帰ってきた鈴木武蔵が先発入り。そして、ルヴァンカップ準々決勝で2試合連続弾をマークした負傷明けのアンデルソン・ロペスもベンチに名を連ねた。

 一方の仙台は札幌と打って変わり、リーグ戦で4試合勝利がない状況。先発には左頬を骨折した関口訓充がフェイスガードを付けてメンバー入り。また、前線ではハモン・ロペスが4試合ぶりにスタメンに入った。

 試合が動いたのは32分。仙台はハモン・ロペスと長沢駿の2トップのコンビネーションから、最後はハモン・ロペスがPA内からシュートを放つ。これは札幌GKク・ソンユンが防いだが、こぼれ球に松下佳貴が詰めて仙台が先制に成功した。

 しかし札幌も後半、反撃に出る。50分に白井康介の落としを受けたチャナティップが右に流すと、最後は荒野拓馬が右足一閃。ミドルシュートはDFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。同点弾の荒野はJ1初ゴールとなった。

 スコアはイーブンに戻ったが、仙台はその3分後、右CKを獲得するとキッカーは永戸勝也。正確なボールを蹴り込むと、シマオ・マテがヘディングシュートを叩き込み、仙台が勝ち越しに成功した。

 札幌も必死の反撃を見せるが、終盤にゴールを奪ったのはまたも仙台。85分に再び永戸の右CKから今度はハモン・ロペスが右足で押し込んで仙台が勝利を引き寄せる3点目を奪取。仙台が札幌を3-1で下し、札幌厚別でのコンサドーレ戦で初勝利をマークした。

 4試合ぶりの先発出場を果たしたハモン・ロペスは試合後のフラッシュインタビューで、「まずは勝利ができたことは一番嬉しい。チームは悪い流れが続いていたので勝ててよかった」と安堵の表情を浮かべた。スプリント回数35回、シュート本数も8本といずれも最多スタッツをマークしたストライカーは、「毎試合必ず厳しい試合が続きますが、今日みたいに集中した試合を続けていきたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

 渡邉晋監督は、ハモン・ロペスの起用について「単純にこの2週間のトレーニングで一番点を取っていたのは彼なので、そういうところを期待しました」と明かし、「彼もスタメンを外れて悔しい思いもしていたので、そういうものも彼の良さも合わせて発揮してくれた」と、圧巻の働きぶりを称賛した。

 鬼門と言われた札幌厚別での勝利については「ジンクスがあれば破るものですからね。いつまでも引きずっていてもしょうがないし。昨年も勝てない勝てないと言われていた味スタで勝った我々がいるので、気にしていなかったです。ただ、ひさびさに勝ててよかったです」と喜びを口にしていた。

 一方で5試合ぶりに敗れた札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は「今日のゲームはうちの選手の重さが見えた。重要な選手が本来の力を発揮できなかった。仙台のほうがフレッシュで出足が良く、走るところを頑張っていた。仙台が勝利に値したと思う」と、敗戦に肩を落としていた。

 勝利した仙台は18日に天皇杯4回戦でJ2のV・ファーレン長崎と対戦し、28日に横浜F・マリノスとのリーグ戦に臨む。札幌はここから再び2週間のブレークを経て28日にアウェイで鹿島アントラーズと対戦する。(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ