2019.9.13 13:34

「ファン・ダイクが世界最高ではない」元オランダ代表MFが主張

「ファン・ダイクが世界最高ではない」元オランダ代表MFが主張

「ファン・ダイクが世界最高ではない」元オランダ代表MFが主張

「ファン・ダイクが世界最高ではない」元オランダ代表MFが主張【拡大】

 元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールト氏は、ビルヒル・ファン・ダイクを「世界最高の選手」とは呼べないと主張した。

 昨シーズン、リバプールの14年ぶりとなるチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献したファン・ダイク。その活躍が認められ、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを差し置き、UEFA年間最優秀選手賞を獲得した。さらに、今年のFIFA『The Best』やバロンドールの最有力候補にも推されており、10年以上にわたりフットボール界をリードする2選手に匹敵する評価を受けている。

 しかしファン・デル・ファールト氏は、守備陣と攻撃陣の比較が容易ではないと認めたものの、同胞の28歳DFが世界最高の2選手の上に立つことに疑問を感じているようだ。同氏はイタリア『Tuttomercatoweb』で持論を展開している。

 「ファン・ダイクは特別な選手だが、世界最高の選手ではない。ディフェンダーとアタッカーを比べることは難しいが、現段階で言えばメッシとC・ロナウドがベストだ」

 また、ファン・デル・ファールト氏はユベントスに加入した同郷のマタイス・デ・リフトについても言及。20歳の同選手がセリエAを選んだことに「バイエルンかバルセロナで彼を見たかった」とし、イタリア王者でチャンスをつかむことは簡単ではないと話した。

 「彼は今、難しい時を送っている。それに、今は長期の離脱を余儀なくされている(ジョルジョ)キエッリーニや(レオナルド)ボヌッチと比較することは簡単ではない。それでも、彼が素晴らしいタレントを有していることに疑いはない」(Goal.com)