2019.9.13 21:54

西澤が圧巻2発!清水が残留争い直接対決制す…名古屋は米本復帰も4戦未勝利

西澤が圧巻2発!清水が残留争い直接対決制す…名古屋は米本復帰も4戦未勝利

西澤が圧巻2発!清水が残留争い直接対決制す…名古屋は米本復帰も4戦未勝利

西澤が圧巻2発!清水が残留争い直接対決制す…名古屋は米本復帰も4戦未勝利【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第26節が13日に開催。IAIスタジアム日本平では清水エスパルスと名古屋グランパスが対戦した。

 ともに3試合勝利がない清水と名古屋の一戦。清水は勝ち点29で13位、名古屋は同31で9位につけるも、J1参入プレーオフ出場となる16位・サガン鳥栖の勝ち点は27、降格圏17位・松本山雅FCの勝ち点は24ということを考慮すれば、残留へまだ安心できない位置にいる。

 清水は直近3試合で14失点と守備が崩壊。今節対峙する名古屋はJ1屈指の攻撃陣を擁するだけに、守備の修正が急務となる。先発にはエウシーニョとファン・ソッコが復帰。最終ラインに大幅な変更を加えた。

 一方の名古屋は前線に赤崎秀平を先発に起用。また、長期離脱を強いられていた米本拓司もベンチに名を連ねた。

 試合が動いたのは14分、名古屋は吉田豊が左からクロスを送ると、これを二見宏志が一旦クリアする。しかし、このこぼれ球に反応した宮原和也が頭で押し込み、名古屋が幸先よく先制点を奪った。

 リードを許した清水だったが25分、西澤健太が左サイドを駆け上がり、中へカットイン。最後は右足で強烈なシュートを放つと、これがゴール右に突き刺さり、清水が同点に追いついた。

 前半は1-1で折り返したものの、後半はホームの声援を受ける清水へ流れが傾き始める。54分、エウシーニョがPA手前からシュートを放つと、これが河井陽介に当たって軌道が変化。名古屋守護神のランゲラックは反応できず、清水が逆転に成功した。

 さらに清水は59分、金子翔太のラストパスを受けた西澤がPA左手前から今度は左足一閃。これが決まり、清水が一気に3点目を獲得した。

 逆転を許した名古屋はその後、交代枠の3枚を使う。エドゥアルド・ネットから米本、吉田から前田直輝、そして赤崎に代えて長谷川アーリアジャスールを投入する。すると、この交代策がはやくもゴールを生み出す。

 名古屋は75分、米本がミドルシュートを放つと、長谷川がバックヒールで軌道を変える。清水GK大久保択生は逆を取られてしまい、ゴールへ。名古屋が1点差に詰め寄るゴールをマークする。

 さらに後半アディショナルタイム、名古屋はガブリエル・シャビエルが左足で強烈なシュートを放つも、これは清水の大久保が左手一本で間一髪セーブ。最後までリードを守りきった清水が名古屋を3-2で下し、4試合ぶりの白星を手にした。一方の名古屋は4戦未勝利となった。(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ