2019.9.11 05:04(1/3ページ)

中島号砲!日本いざW杯、22年カタールへ初戦2発快勝

中島号砲!日本いざW杯、22年カタールへ初戦2発快勝

特集:
中島翔哉
W杯へ好発進。先制ゴールを決めた中島(左)は南野と肩をたたき合った (撮影・蔵賢斗)

W杯へ好発進。先制ゴールを決めた中島(左)は南野と肩をたたき合った (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 カタールW杯アジア2次予選F組(10日、ミャンマー0-2日本、ヤンゴン)厳しい敵地で白星発進だ! 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング33位でF組の日本は同135位のミャンマーを2-0で下し、7大会連続の本大会出場を目指す戦いの初戦を勝利で飾った。雨でピッチがぬかるむ中、前半16分にMF中島翔哉(25)=ポルト=がチーム初得点となる先制ゴールを奪った。第2戦は同187位のモンゴルと、10月10日に埼玉スタジアムで顔を合わせる。10番の右足がカタールへの号砲を鳴らした。前半16分、左サイドでボールを受けたMF中島が中央に切れ込んでミドルシュート。鋭い回転をかけた一撃は雨を裂き、ゴール右上へ弧を描いた。

 「先制点を取ることは大事だった。日本にとって大事な大会、どの試合も全力でやっている」

 東南アジアの洗礼にも動じなかった。ピッチは凸凹、降りしきる雨で水しぶきが上がり、ボールは勢いを失った。前半途中には上半身裸の男が乱入し、一時プレーが中断したが、中島はどこ吹く風。普段通り楽しそうにボールとたわむれた。

【続きを読む】

  • 前半、先制ゴールを決める中島(左)=ヤンゴン(共同)
  • 中島翔哉・日本代表全得点
  • 森保ジャパン全成績
  • 前半、攻め込む中島=ヤンゴン(共同)
  • 試合に勝利し喜び合う日本イレブン=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 試合に勝利し喜び合う日本イレブン=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、攻め込む橋本(右)=ヤンゴン(共同)
  • 後半、シュートを放つ柴崎=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、競り合う吉田(右)=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、競り合う冨安(左)=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、シュートを放つ伊東(左)=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • ミャンマー戦に臨む日本イレブン(前列左から)橋本、中島、長友、柴崎、南野、堂安、(後列左から)大迫、酒井、冨安、GK権田、吉田=ヤンゴン(共同)