2019.9.10 23:21

久保建英、途中出場でW杯アジア予選最年少出場記録更新

久保建英、途中出場でW杯アジア予選最年少出場記録更新

特集:
久保建英
後半、ボールをおさめる久保=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)

後半、ボールをおさめる久保=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 カタールW杯アジア2次予選F組(10日、ミャンマー0-2日本、ヤンゴン)日本のMF久保建英=マジョルカ=が後半に途中出場。W杯アジア予選最年少出場記録を18歳98日に更新した。

 日本が2-0で迎えた後半35分、久保は中島と交代で登場。右サイドに入った。久保は得点には絡まなかったものの、ミャンマー選手を引きつけてからのヒールパスで好機を演出するなど印象的なプレーも見せた。

 これまでの最年少記録は1980年にスペインW杯アジア予選でMF風間八宏(筑波大)が記録した19歳67日だった。

試合速報へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 後半、攻め込む久保=トゥウンナスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、厳しいチャージを受ける久保(左)=ヤンゴン(共同)