2019.9.8 07:04

今季PL初の指揮官交代はワトフォード…4季ぶり復帰のキケ・フローレス氏に再建託す

今季PL初の指揮官交代はワトフォード…4季ぶり復帰のキケ・フローレス氏に再建託す

今季PL初の指揮官交代はワトフォード…4季ぶり復帰のキケ・フローレス氏に再建託す

今季PL初の指揮官交代はワトフォード…4季ぶり復帰のキケ・フローレス氏に再建託す【拡大】

 ワトフォードは、ハビ・グラシア監督の解任とキケ・サンチェス・フローレス監督の就任を発表した。

 2018年1月から指揮を執るワトフォードを昨シーズン、プレミアリーグ11位、FAカップ決勝進出に導いたグラシア監督。しかし今シーズン、ここまで4試合を消化して1分け3敗の最下位と低迷する。そして7日、クラブはスペイン人指揮官と決別することを発表した。なお、これが2019-20シーズンのプレミアリーグにおいて最初の指揮官交代となる。

 また、グラシア監督の解任からわずか数分後、ワトフォードは新指揮官の就任を発表。新たにチームを指揮するのは、2016年まで同クラブを率いていたフローレス監督になることが決まった。

 ワトフォードは公式ウェブサイトで「プレミアリーグに復帰した2015-16シーズンに、ワトフォードを中位フィニッシュに導いたキケ・サンチェス・フローレスがヴィカレージ・ロードに帰って来る」と54歳の同指揮官にチームを託すことを発表する。

 4シーズンぶりのワトフォード復帰が決まったフローレス監督は、インターナショナルブレイク明け15日のホームでのアーセナル戦が初陣となる。(Goal.com)