2019.9.1 05:01

横浜M、V争い残った 遠藤2戦連発「絶対に結果を残そうと思っていた」

横浜M、V争い残った 遠藤2戦連発「絶対に結果を残そうと思っていた」

後半、チーム3点目となるゴールを決める横浜M・遠藤=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)

後半、チーム3点目となるゴールを決める横浜M・遠藤=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田J1第25節第2日明治安田J1第25節第2日(31日、横浜M3-1G大阪、ニッパツ)横浜Mが2連勝で優勝争いに踏みとどまった。2-1の後半33分、FW遠藤が左隅に2戦連続のゴールを決めた。前節に2点を決めながら、この日は途中出場。「いつ入っても絶対に結果を残そうと思っていた」と悔しさを力に変えた。約6カ月ぶりにU-22(22歳以下)代表に選ばれ、9月2日から北中米遠征へ。「力を出し尽くしたい」と来年の東京五輪に向けてアピールを誓った。

試合結果へ勝敗表へ

  • 後半、遠藤(中央右)のチーム3点目となるゴールを喜び合う横浜Mイレブン=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、先制のゴールを決める横浜M・ティーラトン=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、先制のゴールを決めた横浜M・ティーラトン=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、チーム2点目となるゴールを決めたマルコスジュニオール(右)と喜び合う横浜Mイレブン=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、チーム2点目となるゴールを決める横浜M・マルコスジュニオール=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、パスをつなぐ横浜M・畠中=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 試合に勝利し、スタンドの声援に応える遠藤(中央右)ら横浜Mイレブン=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)