2019.8.29 11:30

【J試合情報】名古屋グランパスvsFC東京 第25節

【J試合情報】

名古屋グランパスvsFC東京 第25節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・名古屋対FC東京の通算35試合では、名古屋が12勝7分16敗と負け越している。名古屋にとってFC東京は、5試合以上対戦したチームの中で、川崎に次いで2番目に勝率の低い相手(川崎戦:20%、FC東京戦:34.3%)。

 ・名古屋はFC東京戦で現在、2008年8月~2009年10月以来となる3連敗中であり、6試合連続未勝利(2分4敗)。今カードで勝利を挙げたのは、2015年5月の対戦が最後(1-0)。

 ・名古屋は直近13試合でわずか1勝(5分7敗)。この間、無失点に抑えたのはわずか1試合のみ(1試合平均2.2失点)。

 ・名古屋は前節横浜FM戦で、ホームでは2014年4月の広島戦以来となる5失点を喫して敗れた。これまで本拠地で5失点以上を喫した4試合のうち、直後のホーム戦で勝利を挙げたのは1試合のみ(3敗)。

 ・名古屋は首位クラブとの対戦で現在5試合連続未勝利(1分4敗)。また、同対戦直近11試合でもわずか1勝しか挙げていない(3分7敗)。

 ・FC東京はアウェイ戦直近5試合でわずか1勝(2分2敗)。しかし、敵地での失点数は今季リーグ最少(7失点)。

 ・ジョーはシュート本数が今季リーグ最多(77本)。しかし、今季ここまでに5得点以上を挙げた選手の中ではシュート決定率が最も低い(7.8%:6得点/77本)。

 ・永井謙佑はFC東京が名古屋戦で挙げた直近5得点のうち4点に直接関与(3得点1アシスト)。名古屋からFC東京へ加入した2017年シーズン以降では、今カードでチーム最多の得点関与数を記録している。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta