2019.8.25 20:54

イカルディ獲得はなし?ユーヴェSDは攻撃陣に満足「これで十分だと思う」

イカルディ獲得はなし?ユーヴェSDは攻撃陣に満足「これで十分だと思う」

イカルディ獲得はなし?ユーヴェSDは攻撃陣に満足「これで十分だと思う」

イカルディ獲得はなし?ユーヴェSDは攻撃陣に満足「これで十分だと思う」【拡大】

 ユベントスは、これ以上前線の強化を行わない方針のようだ。

 セリエA八連覇中の王者ユベントスは今夏、マタイス・デ・リフトやジャンルイジ・ブッフォン、アドリアン・ラビオ、アーロン・ラムジーなど守備陣や中盤に実力者を加えることに成功した。しかし、ロメル・ルカク獲得レースは宿敵インテルミラノに敗れるなど、マウリツィオ・サッリ監督が望んでいたとされるストライカーの補強は未だ達成できていない。

 そんな中で迎えた開幕戦では、パルマ相手に主将ジョルジョ・キエッリーニの1点を守りきって1-0勝利を挙げている。試合後、ファビオ・パラティッチSDはイタリア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、アタッカーの補強を否定している。

 「チームを改善していくのは難しいことだが、この移籍市場は成功したと思う。必要なポジションを強化できた」

 「攻撃陣では、(ゴンサロ)イグアインという素早いストライカーが戻ってきた。そして、クリスティアーノ・ロナウドがいることを忘れてはならない。現在のストライカー陣には満足している。国際レベルのアタッカーがいるし、彼らがキャリアで挙げてきた得点を数えれば、本当に印象的なものだ。これで十分だと思う」

 イタリアメディアでは、インテルミラノFWマウロ・イカルディとの接触が度々伝えられ、本人もユベントス以外に移籍するつもりはないとされてきた。しかしパラティッチSDは、攻撃陣に補強は必要ないと考えているようだ。

 また、移籍の可能性が取り沙汰されてきたパウロ・ディバラについては、「ベンチに座っていたが、移籍市場とは何の関係もない。彼はユベントスの10番で、素晴らしい10番だ。彼がいてくれて嬉しい」と、売却の可能性を否定している。(Goal.com)