2019.8.25 22:30

ポグバ、人種差別的侮辱に反応「僕をより強くし、次の世代のために戦うモチベーションを与える」

ポグバ、人種差別的侮辱に反応「僕をより強くし、次の世代のために戦うモチベーションを与える」

ポグバ、人種差別的侮辱に反応「僕をより強くし、次の世代のために戦うモチベーションを与える」

ポグバ、人種差別的侮辱に反応「僕をより強くし、次の世代のために戦うモチベーションを与える」【拡大】

 マンチェスターUに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、人種差別的な侮辱について反応した。

 ポグバは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のウルバーハンプトン戦、1-1で迎えた後半に獲得したPKのキッカーを務めたが失敗。ユナイテッドが勝ちきれず、1-1で試合を終えた後、SNS上で標的に。その中には、人種差別的な侮辱コメントが投稿された。

 さらにユナイテッドでは、24日に行われたプレミアリーグ第3節のクリスタル・パレス戦でポグバと同じくPKを失敗したマーカス・ラッシュフォードも、1-2で敗れた試合を受けて人種差別的な侮辱の標的に。イングランドでは、UEFAスーパーカップでPKを失敗したチェルシーのタム・エイブラハム、チャンピオンシップ(英2部)のレディングに所属するヤク・メイテも同様の被害を受けており、大きな問題となっている。

 これに対し、ポグバが自身の『ツイッター』で反応。ポグバは「僕の先祖や両親は、僕の世代の今日の自由のために苦しんだ。自由に働けたり、バスに乗れたり、フットボールをすること。人種差別的な侮辱をするのは無知である。僕をより強く、次の世代のために戦うモチベーションを与えるだけだ」と投稿し、力強い意志を示した。

 なお、ユナイテッドの指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督も、立て続けに起こった人種差別問題について、「いい加減にこれを止める必要がある。このようなことが続く状況に言葉を失っている。我々は活動を続けているが、加害者はフェイクアカウントに隠れ続けている。2019年になってもこのようなことを議論するなんてクレイジーだ」と憤りを露わにしていた。(Goal.com)