2019.8.25 05:01

FC東京、“死のロード”で痛いドロー発進

FC東京、“死のロード”で痛いドロー発進

前半、先制ゴールを決め、跳び上がって喜ぶFC東京・渡辺=札幌ドーム

前半、先制ゴールを決め、跳び上がって喜ぶFC東京・渡辺=札幌ドーム【拡大】

 明治安田J1第24節最終日(24日、札幌1-1FC東京、札幌ドーム)FC東京は2試合続けて白星をつかめなかった。DF渡辺のJ1初ゴールとなる先制点以外にも得点機は十分あり、長谷川監督は「両チームともチャンスがある中で決め切れなかった」。ディエゴオリベイラと永井の両FWは計8本のシュートを放ったが不発。9月開幕のラグビーW杯の影響で本拠地の味の素スタジアムが使えず、8試合敵地での戦いが続くが、幸先のいいスタートとはいかなかった。

試合結果へ勝敗表へ

  • 札幌-FC東京後半、倒れ込みながらシュートを放つFC東京・永井(左)。奥は札幌・GK具聖潤=札幌ドーム
  • 札幌と引き分け、ピッチを後にする森重(右端)らFC東京イレブン=札幌ドーム