2019.8.24 05:02

五輪世代の日本代表GKコーチに川口能活氏!森保一監督が明かす

五輪世代の日本代表GKコーチに川口能活氏!森保一監督が明かす

特集:
森保JAPAN
川口能活氏

川口能活氏【拡大】

 元日本代表GK川口能活氏(44)が来年の東京五輪で中核世代となるU-22(22歳以下)日本代表のGKコーチを務めることが23日、分かった。A代表と五輪代表を兼務する森保一監督(50)が明かした。

 この日、川口氏とJ1鹿島-G大阪(カシマ)を視察した指揮官は「五輪チームを手伝ってもらおうと思っている」と説明。9月に北米遠征を行うU-22代表に川口氏を帯同させる方針で「彼の持っている経験をA代表と五輪代表(の活動が)が重なるときに借りられれば」と語った。

 同時期に森保監督を始めコーチ陣は、9月5日のキリンチャレンジ杯・パラグアイ戦(カシマ)、10日のW杯カタール大会アジア2次予選・ミャンマー戦(アウェー)に専念する。U-22代表を兼務するA代表の下田崇GKコーチが抜ける穴を、W杯4度出場を誇り、1996年アトランタ五輪にも出場した川口氏が埋める形。今後も同様のケースが増えるとみられる。

 川口氏は昨季限りで現役を引退し、今年2月からナショナルトレーニングセンターGKコーチに就任。6月にはU-18日本代表のポルトガル合宿に帯同して若手育成に努めてきた。

  • 鹿島-G大阪戦を視察に訪れたサッカー日本代表の森保監督(右)と元日本代表GKの川口能活氏=カシマ