2019.8.22 11:30

【J試合情報】北海道コンサドーレ札幌vsFC東京 第24節

【J試合情報】

北海道コンサドーレ札幌vsFC東京 第24節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・札幌対FC東京の通算13試合では、札幌が3勝1分9敗と負け越している。札幌にとってFC東京は、現在J1に在籍しているチームの中で、鹿島と川崎に次いで3番目に1試合平均失点が多い相手(鹿島戦:2.47失点、川崎戦:2.44失点、FC東京戦:2.23失点)。

 ・札幌はFC東京戦直近5試合でわずか1敗(3勝1分)。しかし、それ以前は初対戦から8連敗を喫していた。

 ・札幌は現在、ホーム戦ではクラブ史上ベストとなる8試合連続無敗(5勝3分)。本拠地で敗れたのは、2019年4月6日の大分戦が最後(1-2)。

 ・札幌は対戦時に首位のクラブに対して現在6連敗中。また、同順位クラブとの通算15試合でも14敗を喫している(1勝)。

 ・FC東京はアウェイ戦直近4試合でわずか1勝(1分2敗)。この1勝は敵地での直近の試合で挙げたものだが(第20節清水戦)、同クラブは今季同地で連勝を記録していない。

 ・札幌は今季、ペナルティエリア内での得点がリーグ最多タイ(36点:横浜FMと並び)。対するFC東京は、同エリアでの失点がリーグ最少タイ(14点:広島と並び)。

 ・FC東京は今季、セットプレーによる失点がリーグ最少タイ(2点:大分と並び)。対する札幌は、同状況からの得点がリーグ最多タイ(11点:湘南と並び)。

 ・ジェイは前節の清水戦で、J1では自身初のハットトリックを達成。また、2016年シーズン以降では、ヘディングによる得点数がリーグ最多タイ(15点:長沢駿、小林悠と並び)。同選手が挙げた直近6得点の内、4点はヘディングによるもの。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta