2019.8.22 11:30

【J試合情報】浦和レッズvs松本山雅FC 第24節

【J試合情報】

浦和レッズvs松本山雅FC 第24節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・浦和は昇格チームとの直近5試合でわずか1勝(1分3敗)。しかし、この1勝は松本との今季前回対戦で挙げたもの(1-0)。

 ・浦和は現在、2019年5月~6月以来となる4試合連続未勝利(3分1敗)。また、直近14試合で無失点に抑えたのはわずか1試合のみ(1試合平均1.8失点)。

 ・浦和は対戦時に自動降格圏のクラブとの直近4試合でわずか1勝(3敗)。それ以前の同対戦では、19試合で17勝を挙げていた(1分1敗)。

 ・松本は現在、クラブ史上ワーストの10試合連続未勝利(5分5敗)。この間、複数得点を挙げたのは1試合のみだが、複数失点を喫したのもわずか2試合のみ(1試合平均:0.6得点1.2失点)。

 ・松本はアウェイ戦で現在27試合連続1得点以下に終わっている(1試合平均0.4失点)。敵地で複数得点を挙げたのは、クラブ史上初のJ1でのアウェイ戦となった2015年3月の名古屋戦のみ(3-3)。

 ・松本は今季23試合を終えてわずか13得点(1試合平均0.57点)。J1/J2の入れ替え制度が導入された1999年シーズン以降、同期間に15得点以下だった5チームのうち、残留したのは1チームのみ(2007年:大宮)。

 ・松本は今季リーグで唯一、交代出場選手が得点を挙げていない。対する浦和は、同選手による得点数が松本に次いでリーグで2番目に少ない(1点:2019年6月1日、川崎戦での森脇 良太)。

 ・山中亮輔は今季、途中出場から記録したアシスト数がリーグ最多(4)。また、同状況から記録したラストパス数でも今季リーグ最多タイを記録している(7本:遠藤保仁、三好康児と並び)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta