2019.8.20 13:47

リヒトシュタイナーの新天地はアウクスブルクに決定! ブンデスリーガ初挑戦

リヒトシュタイナーの新天地はアウクスブルクに決定! ブンデスリーガ初挑戦

 アウクスブルクが、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーとの契約を発表した。

 昨夏にユベントスからアーセナルに加入したものの、わずか1年での退団が決定し、今夏に無所属となったリヒトシュタイナー。現在35歳とキャリアも終盤に差し掛かったベテランサイドバックはなかなか新天地が決まらない状況が続いていたものの、ついに所属先が決定する。

 ブンデスリーガのアウクスブルクは19日、リヒトシュタイナーをフリーで獲得したことを発表。ユベントスやスイス代表で輝かしいキャリアを築き上げてきた同選手と2020年夏までの1年契約を結ぶこととなった。なお、背番号は2番に決定している。

 新天地の決まったリヒトシュタイナーは「アウクスブルクは近年成長著しいクラブだ。この移籍は僕が望んでいた挑戦になるし、若手やハングリーなチームのために貢献できると思う。ブンデスリーガの最高の雰囲気をとても楽しみにしている」とコメントを残した。

 リールやラツィオ、ユベントス、アーセナルなどを渡り歩いたリヒトシュタイナーにとって、ブンデスリーガでの挑戦はこれが初。20日からチームに合流し、早ければ24日のウニオン・ベルリン戦でデビューする予定だ。(Goal.com)