2019.8.19 07:32

チェルシー、開始早々に先制も レスターに追いつかれドロー/プレミアリーグ第2節

チェルシー、開始早々に先制も レスターに追いつかれドロー/プレミアリーグ第2節

チェルシー、開始早々に先制も レスターに追いつかれドロー/プレミアリーグ第2節

チェルシー、開始早々に先制も レスターに追いつかれドロー/プレミアリーグ第2節【拡大】

 現地時間18日、イングランド・プレミアリーグは第2節が行われ、チェルシーはホームのスタンフォード・ブリッジにレスター・シティを迎えた。

 マンチェスターUとの開幕戦でまさかの大敗を喫したチェルシーは、続くリバプールとのUEFAスーパーカップでも惜敗。結果だけを見れば2連敗と苦しい状況ではあるが、内容自体は明らかに上向いており、第2節での初勝利が期待された。

 選手たちもこの試合に懸ける想いが強いのか、立ち上がりからチェルシーがレスターを圧倒する。開始わずか1分でオリヴィエ・ジルーのポストプレーからペドロが惜しいボレーシュートを放つと、3分にはゴール前に走り込んだメイソン・マウントのシュートをGKカスパー・シュマイケルがはじき返す。

 押せ押せのチェルシーは7分、敵陣ペナルティーエリア手前でウィルフレッド・ンディディからボールを奪ったマウントが、体勢を崩しながらもそのままシュート。タイミングを外されたシュートにGKシュマイケルも反応できず、チェルシーが幸先よく先制する。

 積極的な入り方を見せたチェルシーに気圧される格好となったレスターだが、徐々に落ち着きを取り戻していく。それでも、地力で勝るチェルシーはペースを譲らず。26分には、ペナルティーエリア左で受けたエメルソンの折り返しをニアサイドのジルーがヒールで流し、ゴール前にカンテが飛び込むもDFがブロックしゴール左へとわずかに外れる。

 レスターもジェイミー・ヴァーディが虎視眈々とバックパスのチェイスや裏への抜け出しを狙ってチェルシー守備陣にストレスを与えるが、決定機を生み出すことはできず。チェルシーが1点をリードしたまま試合を折り返した。

 後半、先に仕掛けたのはレスター。開始2分、カウンターからヴァーディが抜け出すもオフサイドの判定。50分にもカウンターからジェームズ・マディソンが抜け出しGKケパもかわすが、角度がなくシュートは打てず、折り返しはDFが大きくクリアする。

 後半は立ち上がりから互いに攻守の切り替えが非常に速く、1点をリードしているチェルシーも縦に速い攻撃を仕掛け、カウンターの応酬のような展開が続く。

 61分、ジルーに代わってタム・エイブラハムを投入。追加点が欲しいチェルシーだが、次の1点を奪ったのはアウェーチームだった。67分、マディソンの右CKを、アスピリクエタに競り勝ったンディディが頭で合わせ、レスターが得意のセットプレーから同点に追いつく。ンディディは自らのミスによる失点をゴールという結果で取り返すことに成功した。

 追いつかれたチェルシーは71分、ジョルジーニョに代えてマテオ・コヴァチッチ、クリスティアン・プリシッチに代えてウィリアンを投入し交代枠を使い切る。追いついたレスターも72分、ハムザ・チョードゥリーに代えてデニス・プラートを投入する。

 73分、クリスティアン・フクスの折り返しをゴール前のアジョセ・ペレスが受け、スイッチしたマディソンがシュートに持ち込む。しかし、この決定機はゴール上へと打ち上げてしまう。77分には、高い位置でボールを奪ってショートカウンター。マディソンのラストパスをペナルティーエリア内左で受けたヴァーディが左足で思い切りよくシュートを放つが、ゴール右へとわずかに外れる。

 勢いに乗って逆転したいレスターは80分、アジョセ・ペレスに代えてマーク・オルブライトンを投入し、選手交代で拮抗した試合展開の打開を図る。しかし、互いにゴール前での決定機も少なく、強引にミドルレンジからシュートを狙う選手もいるが精度を欠いてしまう。

 アディショナルタイムの4分間はレスターのショートカウンターがチェルシーゴールを再三脅かしたが、最後の精度を欠き決勝ゴールは生まれず。互いに勝ち点1を分け合う結果に終わった。(Goal.com)