2019.8.17 22:40

C大阪・奥埜が殊勲の働き「いい位置に入れるようになってきた」

C大阪・奥埜が殊勲の働き「いい位置に入れるようになってきた」

前半、先制ゴールを決め喜ぶC大阪・奧埜(中央)=日産スタジアム

前半、先制ゴールを決め喜ぶC大阪・奧埜(中央)=日産スタジアム【拡大】

 明治安田J1第23節第1日(17日、横浜M1-2C大阪、日産ス)4試合ぶりに白星を挙げたC大阪は奥埜が2得点と殊勲の働き。前半12分の先制点は清武の左折り返し、後半31分の2点目はソウザのFKを中央で合わせた。

 守備的MFが本職ながら、パスを引き出す動きだしやゴール前に飛び込むタイミングは秀逸。2戦連発に「いい位置に入れるようになってきた」と手応えを口にする。ロティーナ監督も「われわれのプレーモデルの中で特長を生かしてくれている」とたたえた。

C大阪・ロティーナ監督「マリノスは負けるに値する試合をしたとは思わない。素晴らしい相手に対して守備のミスが少なく、GKの金鎮鉉もいいセーブをした」

試合結果へ勝敗表へ