2019.8.16 07:41

元U-18ドイツ代表FWが24歳で急逝…激しい頭痛訴え、帰らぬ人に

元U-18ドイツ代表FWが24歳で急逝…激しい頭痛訴え、帰らぬ人に

元U-18ドイツ代表FWが24歳で急逝…激しい頭痛訴え、帰らぬ人に

元U-18ドイツ代表FWが24歳で急逝…激しい頭痛訴え、帰らぬ人に【拡大】

 U-18ドイツ代表としてプレーした経歴を持つドイツ人FWヤニック・ノンヴァイラーが13日、急逝していたことがわかった。享年24歳。

 ノンヴァイラーは死の直前、激しい頭痛を訴えていたとされ、ホンブルク大学病院に搬送された。だがそのまま意識を失い、帰らぬ人になったという。現時点で死因はわかっていない。

 1994年生まれのノンヴァイラーはカールスルーエ、シュツットガルト、ニュルンベルク、カイザースラウテルンなどの下部組織を渡り歩き、U-16~U-18までドイツ代表としてもプレーした。

 だが近年はトップリーグのチームで結果を残すことができず、ルクセンブルクのユニオン・ティトゥス・ペタンジュを経てドイツ6部相当のシュヴァルバッハ、18-19シーズンからは同じく6部相当のSFケルエルバッハでプレーしていた。

 SFケルエルバッハはノンヴァイラーの急死を受け、今週末に控えていた試合への参加を見合わせているという。(Goal.com)