2019.8.16 15:10

天皇杯16強の組み合わせ決定!連覇目指す浦和はホンダFCと、大躍進の法大はJ2甲府と激突

天皇杯16強の組み合わせ決定!連覇目指す浦和はホンダFCと、大躍進の法大はJ2甲府と激突

天皇杯16強の組み合わせ決定!連覇目指す浦和はホンダFCと、大躍進の法大はJ2甲府と激突

天皇杯16強の組み合わせ決定!連覇目指す浦和はホンダFCと、大躍進の法大はJ2甲府と激突【拡大】

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が16日に行われ、ラウンド16の対戦カードが決定した。

 14日に行われた3回戦を戦い、ラウンド16に進出したのはJ1リーグ12チームと、J2リーグの2チーム、そしてJFLに所属するHonda FCとインカレ王者の法政大の16チームが勝ち上がりを決めている。

 抽選手順としてはAFCチャンピオンズリーグを勝ち上がっている浦和レッズと鹿島アントラーズは、日程などを考慮してホームスタジアム優先権を保有。まずこの2チームが先に抽選が行われた。一方で横浜F・マリノス、Honda、法政大はホームスタジアムを用意できないため、抽選前よりすでにアウェイ側が決定している。

 抽選会ではいきなり浦和と鹿島の対戦相手が決定。浦和はHondaと、鹿島は横浜FMと激突することになった。また、その他ではジュビロ磐田と清水エスパルスの静岡ダービー、ヴィッセル神戸と川崎フロンターレが対戦するなど、注目カードが揃った。

 1回戦で都並敏史氏が指揮官を務めるブリオベッカ浦安、2回戦でJ2の東京ヴェルディ、そして3回戦ではJ1のガンバ大阪を撃破し、旋風を巻き起こしている法政大。ラウンド16では、J2のヴァンフォーレ甲府と対戦することが決定した。

 ラウンド16は9月18日(水)に開催。その後は10月23日(水)の準々決勝、12月21日(土)の準決勝が控えており、決勝は2020年1月1日(水・祝)に開催。新国立競技場の初のこけら落としとなる。

 ラウンド16の対戦カードは以下の通り。

 (M73)神戸 vs 川崎F
 (M74)広島 vs 大分
 (M75)鳥栖 vs C大阪
 (M76)磐田 vs 清水
 (M77)鹿島 vs 横浜FM
 (M78)浦和 vs Honda
 (M79)長崎 vs 仙台
 (M80)甲府 vs 法政大

(Goal.com)