2019.8.16 12:58(1/3ページ)

藤本憲明の大分への貢献は消せない 神戸移籍後にブーイング…でも、残り続ける『LOVE TORINITA』

藤本憲明の大分への貢献は消せない 神戸移籍後にブーイング…でも、残り続ける『LOVE TORINITA』

藤本憲明の大分への貢献は消せない 神戸移籍後にブーイング…でも、残り続ける『LOVE TORINITA』

藤本憲明の大分への貢献は消せない 神戸移籍後にブーイング…でも、残り続ける『LOVE TORINITA』【拡大】

 大学を経てJFLからJ1の舞台に駆け上がり“日本のジェイミー・ヴァーディー”とも評される藤本憲明。“遅咲きストライカー”が大分トリニータの1シーズン半で残したインパクト、とりわけ2019年の前半戦でのパフォーマンスは衝撃的だった。

 ■神戸移籍の藤本、ブーイングは「愛」

 2019_8_16_Fujimoto2

 2017年に当時J3だった鹿児島ユナイテッドFCで24得点をあげる活躍を見せると、2018年にJ1昇格を目指す大分トリニータに移籍。途中、怪我に悩まされながらも12得点5アシストの結果を残し、J1昇格に大きく貢献した。J1初挑戦となった今年も鹿島アントラーズとの開幕戦で衝撃的な2ゴールを奪い、勝利に導くと、さらに6得点を重ねて得点王ランキングの上位に名を連ねる。

 ゴールを決めるたびに右手で「L」、左手で「T」を表す『LOVE TORINITA』のポーズを作り、ゴール裏のサポーターを歓喜させてきた藤本。それだけに「眠れなくなるほど悩みました」というヴィッセル神戸への移籍には驚きとともに賛否両論が飛びかった。奇しくも移籍の4日後にアウェーの大分戦があったが、試合の終盤に藤本が登場すると盛大なブーイングを持って迎えられた。

 自身の公式ツイッターで「いくらブーイングしても愛と受け取ります」とメッセージを発した藤本は、続く天皇杯の3回戦で移籍後の初ゴールを記録。2-0で迎えた後半9分に山口蛍の縦パスから抜け出し、ペナルティエリア内でディフェンスをかわして右足シュートを突き刺す藤本らしいゴールだった。

 裏に抜け出す動きは大分でも見せてきた藤本の十八番だ。象徴的なゴールは開幕戦であげた2点目だった。後方のつなぎからGK高木駿が左足で前方に蹴り出す。オナイウ阿道が左ワイドから相手ディフェンスの背後に出てボールを運ぶと、中央で連動した藤本がトップスピードのままタイミングよくラストパスに合わせ、右足のダイレクトでゴールネットを揺らした。

【続きを読む】