2019.8.15 16:09

7月の月間優秀監督賞、J1は鹿島の大岩監督に決定!手駒を上手に動かす手腕を評価

7月の月間優秀監督賞、J1は鹿島の大岩監督に決定!手駒を上手に動かす手腕を評価

7月の月間優秀監督賞、J1は鹿島の大岩監督に決定!手駒を上手に動かす手腕を評価

7月の月間優秀監督賞、J1は鹿島の大岩監督に決定!手駒を上手に動かす手腕を評価【拡大】

 Jリーグは14日、今シーズンより新設された「月間優秀監督賞」を発表した。7月度の受賞者はJ1が鹿島アントラーズの大岩剛監督、J2は横浜FCの下平隆宏監督、J3はガイナーレ鳥取の髙木理己監督がそれぞれ受賞した。

 同賞は最も優れた指揮をした監督を表彰するもので、今シーズンより各月のリーグ戦でJ1、J2、J3の優秀監督を選出する。

 J1は、鹿島アントラーズで3年目の指揮を執る大岩監督が受賞。主力流出や連戦の悪条件を退けて、7月はチームを3連勝に導いた。

 選考委員を務めるサッカー解説者の柱谷幸一氏は「移籍や怪我で多くの中心選手を失いながら、チームを勝利に導いた手腕が素晴らしかった」ことを選出理由とした。

 受賞にあたり大岩監督は「この賞は私だけでなく、選手、スタッフ、そしてサポーターの皆さんと緒に戦った7月の成果が評価されたのだと感じています。今後も選手、スタッフ、サポーターと共に戦っていきますので、過密日程になりますけれども、チーム一丸となって、サポーター一丸となって、一緒に戦いましょう!」とコメントしている。

 またJ2では横浜FCから下平監督が受賞を果たした。エルゴラッソで選考委員を務める寺嶋朋也委員は「レアンドロ・ドミンゲスをはじめ、選手の能力をうまく引き出し、結果につなげている」と、7月を5連勝を飾った手腕を称賛。

 下平監督は「この賞も含めてですが、勝利のために一生懸命努力してくれている選手やスタッフ、どんな時でも応援してくれているサポーターの皆さんの後押しがあったからこその受賞であり、クラブに関わる全ての方の努力の賜物だと思っています。この現状に満足することなく、我々の目標を達成するために一日一日を大切に積み上げていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」とさらなる高みへまい進していくことを誓った。

 そしてJ3は、鳥取の髙木監督が初受賞。今シーズンから鳥取を指揮する髙木監督。7月は4連勝を果たし着々と成果を出している。スポーツライターの北條聡委員も「唯一の4連勝。上昇気流に乗せた」と、髙木監督の手腕を高く評価した。

 受賞に際し、髙木監督は「この賞は、オールガイナーレの皆様と共に駆け抜けている、2019年J3リーグの区間賞をいただけたのだと捉えています。これからも険しい道のりが続きますが、たくさんの熱量を毎試合注いでくださる皆様と共に、一戦一戦を全力で駆け抜けていく覚悟です。選手達の日々の努力が、ゴールテープを切る瞬間に繋がるよう、毎日の練習を大切に積み上げていきたいと思います。これからも、ガイナーレ鳥取をよろしくお願い致します!」と、感謝の言葉を口にした。

 なお、月間優秀監督賞に選定された監督は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞(J1・J2・J3)」にノミネートされる。(Goal.com)