2019.8.15 12:58

広島FWベリーシャが今季出場なく退団…豪州で得点量産も日本に適応できず

広島FWベリーシャが今季出場なく退団…豪州で得点量産も日本に適応できず

広島FWベリーシャが今季出場なく退団…豪州で得点量産も日本に適応できず

広島FWベリーシャが今季出場なく退団…豪州で得点量産も日本に適応できず【拡大】

 サンフレッチェ広島は15日、FWベサルト・ベリーシャが両者合意のうえで退団することを発表した。次の所属先については現時点で未定となっている。

 コソボ・プリシュティナ出身のベリーシャは現在34歳。ドイツやイングランド、デンマークといった欧州諸国でプレーしたのち、11年より活躍の場をオーストラリアへ。ブリスベン・ロアーでは69試合44ゴールと驚異的な数字を残すと、14年に加入したメルボルン・ビクトリーでも102試合62得点と類まれなゴールセンスを披露した。

 18年途中に広島へ加入したが、出場機会は限定され昨季リーグ戦6試合、天皇杯2試合の出場にとどまり、今季は出番がない状況であった。

 約1年を日本の地で過ごしたベリーシャ。広島を通じて感謝の気持ちを述べている。

 「まず、サンフレッチェ広島がくれた機会に感謝しています。日本の文化やサッカーに適応しようとしましたし、そのためにハードワークもしました。もう少しサンフレッチェを助けたかった気持ちもありますが、うまくフィットすることができませんでした。

 ただ、一緒にプレーした選手たちは素晴らしく、家族のように過ごすことができました。スタッフを含めて、いつも助けてくれましたし、できる限りのことをしてくれて感謝しています。そして、サンフレッチェのサポーターの皆さんにも感謝したいです。自分が試合に出ていない時もサポートしてくれました。本当に素晴らしいサポーターだと思っています。チームを離れてしまいますが、これからもサンフレッチェを応援しています」(Goal.com)