2019.8.15 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvsセレッソ大阪 第23節

【J試合情報】

横浜F・マリノスvsセレッソ大阪 第23節

特集:
Jリーグ試合情報

 ・横浜FM対C大阪の通算39試合では、横浜FMが16勝9分14敗とわずかに勝ち越している。横浜FMにとってC大阪は、鹿島に次いで2番目に1試合平均失点数が多い相手(鹿島戦:1.5失点、C大阪戦:1.49失点)。

 ・横浜FMはC大阪戦で現在11試合連続未勝利(5分6敗)。現在進行中の同一カードでの連続未勝利としては、クラブワーストを記録している相手。

 ・横浜FMは現在、今季初めての連敗中。今節でも敗れると、2018年7月~8月以来の3連敗を喫する。

 ・C大阪は現在、2試合連続で複数失点を喫して連敗中。それ以前の18試合で記録した複数失点試合数と等しい。

 ・C大阪は今季のアウェイ戦で、敗戦を喫した直後の試合では必ず勝利を挙げている。敵地での直近の試合では敗れた(第21節:FC東京戦、0-3)。

 ・横浜FMは今季、ボール支配率がリーグで最も高い(66.2%)。また、今季ここまでの全試合でボール支配率が50%を超えている唯一のクラブ。

 ・C大阪はオープンプレーからの失点数が今季リーグで最も少ない(10失点)。対する横浜FMは同状況からの得点数が今季リーグで2番目に多い(31得点)。

 ・水沼宏太は横浜FMとの前回対戦で、チームの全3得点に直接関与(2得点1アシスト)。同選手にとって古巣である横浜FMは、2015年シーズン以降で最も多く得点に直接関与している相手(4点:3得点1アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta