2019.8.14 19:11

横浜FC・カズと俊輔が先発、19年ぶり共演

横浜FC・カズと俊輔が先発、19年ぶり共演

特集:
アジアカップ2019
前半、同じピッチに立ってプレーする横浜FCの(左から)三浦知良、中村俊輔=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)

前半、同じピッチに立ってプレーする横浜FCの(左から)三浦知良、中村俊輔=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 天皇杯3回戦、横浜FC-横浜Mの横浜ダービーが14日、ニッパで行われた。

 横浜FCの元日本代表MF三浦知良(52)と同MF中村俊輔(41)がともに先発出場を果たした。

 2人の共演は、2000年の日本代表戦までさかのぼる。同時先発は同年2月20日のアジア杯予選、マカオ戦以来。最後に共演したのは同年6月6日のジャマイカ戦。この試合ではカズが代表ラストゴール(55得点目)を決め、このゴールの起点になったのが俊輔だった。じつに19年ぶりの共演になった。

  • 前半、競り合う横浜FC・中村俊輔(右)=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、シュートを放つ横浜FC・三浦知良=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・蔵賢斗)